<< 「おくてん2011」見聞録2(その2)【曇華庵】 | main | 奥多摩・寄り道、回り道(その2) >>

「おくてん2011」見聞録2(その3)【やませみ】

何年ぶりでしょう?ひょっとしたら何十年ぶりかも知れません、台風の直撃を目の当たりにするのは。電車がまったく動かないので、車で家族を迎えに行った途中、バス停の日よけ(あるいは雨よけ!?)の支柱一本が根本からポッキリ折れて、おまけに強風にあおられてユラユラと!
もし、もう一方の支柱がポキッ!といったらそのまま車道へ乱入状態。渋滞している上に、壊れた傘があちこちに飛んでいて、まったく冷や汗ものでした。23区内でも大きな並木や看板が倒れたり、ケガや事故のニュースがちらほら出ていましたから、奥多摩は大丈夫かなぁ、などと気をもむ余裕もなかったです

ようやく、風もかなり弱まって人心地がついたところで、この記事を書いてます。

さて、今回の奥多摩行ではいつもの青梅方面からではなく、檜原村から「奥多摩周遊道路」を通るコースで「山ふる」へ向かいました。
日景裕 中村九郎 サラダそば
ほぼ一年ぶりの来訪かな。やっぱりここは良いところです(来るのは大変だけど
日景氏の「書」は昨年に比べてかなりシンプルなものを揃えたのかな。奔放な前衛書というより今回は日本画か水墨画といった印象を受けました。一方、中村氏の「焼画」ですが、一見するだけだと彫刻か貼り絵のようにも感じますが、じっくり構えて見ると、焼き具合って言ったらいいんでしょうか、微妙な印影が全体を味のあるものにしています。

お昼時でしたので、ちょっと腹ごしらえを。サラダそばです
何故か奥多摩にくると蕎麦が食べたくなります。蕎麦通に言わせると邪道な食べ方のようですが、また結構、このサラダのさっぱり感と蕎麦の歯ごたえがたまらない

次回はいつ行けるかなぁ。

ギャラリーやませみ企画
日景裕・中村九郎 二人展
作家: 日景 裕(ひかげ ゆう)・中村 九郎(なかむら くろう)
開催日:火曜日を除く毎日
開場時間:9:00〜16:30
会場:山のふるさと村 レストラン ギャラリーやませみ[奥多摩町川野1740]0428-86-2552
※最寄り駅:JR奥多摩駅または大津久バス停より送迎可(要予約 TEL: 0428-86-2324/キャンプ場サービスセンター)
※交通案内等詳しくは「山のふるさと村」

JUGEMテーマ:アートで地域活性化

PS. 台風15号は東北方面へ。自然の猛威は首都だろうが被災地だろうが関係ないですね。少しでも被害の無いよう祈るばかりです。
| アート・クラフト | 23:47 | comments(0) | - | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM