<< 無料巡回ワゴン車運行のお知らせ | main | おくてん2012佳境に >>

おくてん2012 見聞録(その5)【武本誠子】

「おくてん」では古里エリアのギャラリーとして定着した感のある「中道・蔵ギャラリー」。蔵の向こう側は線路、というくらい古里駅というか駅のホームと近いので、電車を利用される方にもなかなか便利な会場です。
今年は『山の心』と題して、水墨画を中心とした作品を展示されているのが武本誠子氏です。
会場入口 会場入口
入口の松が、傾いだ姿でありながら元気に茂っているのを見る度に「今年もここに来れたよ」って感慨が涌いてきます。

会場の様子描かれているものは、すべて「心象」から湧き出たものたち。言ってみれば想像の産物なのですが、あえて同じ韻を使い「創造」と表現したほうがこの世界観にはふさわしいと私自身は思うのです。

作品で、たまたま撮影したものの中には左の写真のように、偶然写り込んでしまった人のシルエットが、さも最初から意図したように絵の中に溶け込んで、まるで後光が差しているように見えてしまう、なんてハプニングも起こってしまうわけです。
立体作品「蔵」という和の空間で、モノクロの水墨画と鮮やかな色鉛筆で描かれたカラーの作品とが不思議なコントラストを醸し出しています。そして、ふと目線を下げると彫刻あり、造形ありと、氏の表現技法の多彩さに目を見張ります。
武本氏は今回初参加ですが、訪れる方にぜひこの世界観を味わって欲しいですね。

松の木この「武本ワールド」にいると、時間が経つのを忘れて『虜』になりかけました。浸りたい気持ちを抑えて次の会場へ・・・。
松の木が「またおいで」と言ってくれているような気がして、日の照りつける古里の道を後にしました。

「山の心」−武本誠子作品展− (携)
作家:武本 誠子(たけもと せいこ)
開催日:土・日・祝日・28日
開場時間:10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:中道・蔵ギャラリー[奥多摩町小丹波492]090-3438-7591
※最寄り駅:JR古里駅(徒歩0分)

JUGEMテーマ:アートで地域活性化
| アート・クラフト | 22:58 | comments(0) | - | - |
Comment










02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM