<< 両日・おくてん三昧 | main | おくてん2012 見聞録2(その2)【平岡忠夫】 >>

おくてん2012 見聞録2(その1)【日原ふるさと美術館】

日原ふるさと美術館日原でもかなり高い位置にある、元小学校の校舎に隣接して「日原ふるさと美術館」はあります。こぢんまりとはしているものの、木の温もりを感じられる重厚な造りと窓の配置がモダンな建物です。

館内展示作品はどれも繊細なタッチで描かれていて、特に風景画では木々の描写がとても生き生きとしています
作品毎にその緑の色づかいや濃淡の違いも楽しんでみていただけるのではないでしょうか

館内展示『多摩のあゆみ』という冊子の表紙も描かれていたのですね。風景の美しさやのどかさと共に、自然の厳しさみたいな雰囲気が感じられるのが不思議です。原画と見比べができたら、また違った印象を受けるのかも知れませんが・・・。

倉田三郎画伯の画をもっと見たいと思ったら、「御岳美術館」を訪ねてみてください。「せせらぎの里美術館」からすぐです。美術館前の細道を、多摩川に沿って下っていくと、左手に洋風の瀟洒な建物が見えてくるので分かりやすいと思いますよ。

倉田三郎展 ()
作家:倉田 三郎(くらた さぶろう)[1902年〜1992年]
開催日:月曜日を除く毎日※月曜が祝日の場合は翌日休館
開場時間:10:00〜17:00
会場:日原ふるさと美術館[奥多摩町日原775-4]
最寄駅等:東日原バス停(徒歩3分)
※おくてん開催期間以外も同様にご覧になれます。

JUGEMテーマ:アートで地域活性化
| アート・クラフト | 12:35 | comments(0) | - | - |
Comment










02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM