<< おくてん2012 見聞録2(その2)【平岡忠夫】 | main | おくてん2012-最後の週末 >>

おくてん2012 見聞録2(その3)【ひぐち寓土】

日原ほどではないけれど、坂を上って山の上に行く感覚はかなり近しいものがあると思うのが、栃寄エリアにある、ひぐち寓土氏の『風呑窯』です。
作品の展示風景 作品の展示風景 作品の展示風景
ちょうど伺った日が陶芸愛好家の方がグループで来訪していて、ひぐち氏の指導のもと、陶芸教室を開いていた最中ににお邪魔してしまいました
今年はちょっと遊び心が利いていて、カジカの箸置きが水を得て嬉しそうです。

奥多摩「都民の森」(体験の森)の施設、あるいは知る人ぞ知る、蕎麦道場の「とちより亭」からすぐなので、栃寄まで足を伸ばそうという方は是非お寄りください。
ちなみに、焼〆の陶器に興味のある方も一見の価値有り、です。

風呑窯展 ()
作家:ひぐち寓土(ひぐち ぐうど)
開催日:土・日・祝日
開場時間:12:00〜17:00
会場:風呑窯(ふうどんがま)[奥多摩町境652] 0428-83-2605
最寄駅等:境橋バス停(徒歩45分)
※専用駐車場有り(2台)

☆補足
おくてん2012も残すところ、あと3日となりました。
28日は18会場、おくてん2012最後の週末・29日(土)と30日(日)は25会場で皆様のご来場をお待ちしています。

JUGEMテーマ:アートで地域活性化
| アート・クラフト | 23:30 | comments(0) | - | - |
Comment










02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM