<< 地元材を主とする温もりの暮らし展/木工房ニレ | main | 花森俊一写真展「花はどこへ行った」/ギャラリー喫茶 山鳩 >>

山染紡展/山染紡工房

奥多摩ではちょっと名の知れた「山染紡」さんの紹介です。
TVや雑誌で「奥多摩町のぬくもりを持つニット製品」として紹介されたこともあるので、知っている方も多いと思います。

氷川小学校校門 山染紡坂道 山染紡糸紡ぎ機 山染紡/ニット帽

奥多摩駅から歩いてとても近いのですが、初めてなので地図を頼りに行ってみると、「え?小学校にはいっちゃうよ?」てな感じです。実際、左の写真(2枚)のように、校門の所まで行かないと右にある坂道が全然見えません。あ、だから校門の右側にカーブミラーがあるんだ!...と納得。校庭に沿うように坂道を登っていくと右手に山染紡の工房がありました。

この日も都心は34度超え、奥多摩湖畔でも31度を超える暑さでした。普段、皆さんはこの季節、自宅での作業が多いので滅多にエアコンの無い工房へは来ないそうです。山々を越えてくる風はそれなりに涼しいのですが、気温がかなり高いので扇風機もフル稼働です。

冷たいお茶をいただきながら、お話しを伺いました。
「おくてん」に参加したのはいいけれど、予想外の暑さにちょっと困ってます。交代で工房に詰めていますが、さすがにこう暑いと、来訪者もなかなかいらっしゃいません。糸紡ぎ機は奥多摩町からの委託で管理してます(写真/左から3番目)。使っていないとダメになってしまいますからね。フェルト加工した帽子も作っています(写真/左から4番目)。かわいい小物やストラップも用意していますよ。秋には恒例の「奥多摩ふれあいまつり」に出展します。

等々・・・。
ふ〜む。確かに今年は(も?)暑すぎます。奥多摩町の中では割とひとけの多い奥多摩駅周辺でも気温の高い日中は、人の通りも極端に少ないです。もうちょっと涼しくなってくれば、「秋冬ものを考えようかな?」とか、奥多摩を散策してみようかな?という人たちも増えてくると思うのですが...。

今週末は、夏休み最後の(既に新学期の所もあるけど)イベントとして、ワークショップ『藍の乾燥葉のハンカチ染め』を行います。まだ、予約人数空きがありますので、どうぞお問い合せください。

■ワークショップ『藍の乾燥葉のハンカチ染め』
8月29日(日)材料費500円

※当日でも、空きのある場合はご案内できますので、お気軽にお問い合せください。

山染紡展/山染紡工房
会期中/開催日:土・日曜日
開場時間:10:00〜16:00

JUGEMテーマ:アートで地域活性化
| アート・クラフト | 23:01 | comments(0) | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM