おくてん見聞録2015第1部 〜その3〜 どんぐりの森づくり館(2)

では牧野氏と一緒に、第1回のおくてん(当初は「奥多摩アート・クラフトフェスティバル」)から参加下さっている山本久代氏の作品展をご紹介。

アクセサリー類なら牧野氏も非常にその作品数は多いのですが、ステンドグラスという素材の特徴からも少々敷居が高いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。かく言う私めもその魅力に引き寄せられつつも、あれこれ考えすぎてしまって結局手を出せず、後悔するはめに何度陥ったことか…

h-mam 山本久代作品展山本氏の作品は…ちょっと表現に困るのですが…もっと手軽というのか、身近に感じるというか。例えば今ある他のアクセサリーと合わせても、不思議と馴染んでしまうことがあったり、服の色合いが違っても、そのままその人の存在感や個性をさりげなく醸し出す「隠しアイテム」みたいな。もちろん例外というのはあると思うのですけどね。

h-mam 山本久代作品展で、今回のディスプレイは割と明るめの「カワイイ」系と、透明感のある「キレイめ」で攻めてみたのかな。氏の作品は、作品自体の特徴もさることながら、「女子ウケ」すること請け合いでしょ!
特に若年層にも受け入れやすいポップな感じのイヤリングやブレスレットなどは「これ、娘のお土産に買っていこうかしら」と手に取るご婦人方も少なくありません。それより何より「ご自分へのご褒美にいかがですか」とオススメしたくなるのは私自身の「おせっかい」根性が強いからなのでしょうか

そうそう、以前の記事にも書いたと思うけど、好きな素材や色使いなど、こんなネックレスやイヤリング作って欲しいなというリクエストなども応相談なのです

※今更ここで書くことじゃないけど、この記事を含めブログ自体、勝手な主観でやってますのでご了承くださいませ
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:
◆h-mam 山本久代作品展[ビーズアクセサリー]
会場:どんぐりの森づくり館[奥多摩町氷川1389]
開催日:9月1日・5日・6日・12日・13日・19日〜23日・26日・27日
最寄駅等:JR奥多摩駅より徒歩6分
開場時間:11:00〜17:00 ※9月27日は15:00閉場
駐車場:あり(湊屋前 3台)
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:

| OKUTENイベント | 22:56 | comments(0) | - | - |

おくてん見聞録2015第1部 〜その2〜 どんぐりの森づくり館(1)

今回も女性アーティストばかり集まった特別展示会場「どんぐりの森づくり館」。JR奥多摩駅からも近く、ハイキングコース「奥多摩むかしみち」の入口に位置する好立地条件も重なって、女性客のリピーターも多い会場です。

牧野光代 水彩とステンドグラス作品展まずは牧野氏のステンドグラス作品からご紹介。ブローチ、ネックレス、花瓶、ランプシェード、etc....。相変わらずレパートリーも広く、ステンドグラスの素材選びにも高級素材だけでなく、遊び心をくすぐるものも含めて様々な試みが伺えます。

牧野光代 水彩とステンドグラス作品展さてもうひとつのライフワーク「水彩画」の方は、というと、こちらは「かけはしくん」を始め人物、風景、静物など、こちらも描く対象を広げつつ、新たな世界観を模索しているような印象を受けました。
もっと多くの写真を、とも考えたのですが、それで伝えきれるわけでもないし、できれば会場で、その目で見て感じていただけたらといいなと思います。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:
◆牧野光代 水彩とステンドグラス作品展[ステンドグラス・水彩画]
会場:どんぐりの森づくり館[奥多摩町氷川1389]
開催日:9月1日・5日・6日・12日・13日・19日〜23日・26日・27日
最寄駅等:JR奥多摩駅より徒歩6分
開場時間:11:00〜17:00 ※9月27日は15:00閉場
駐車場:あり(湊屋前 3台)
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:

| OKUTENイベント | 22:57 | comments(0) | - | - |

おくてん見聞録2015第1部 〜その1〜 アースガーデン

ようやく、『おくてん』いってきました!!
では、昨年分をあっさりすっ飛ばしまして。。。

おくてん2015見聞録第1部 〜その1〜 「アースガーデン」

9月5日(土)、この日を逃せば日程調整もさることながら、天気に恵まれることは期待薄だったので、しんどいカラダに鞭打ちって奥多摩へGO!
って、みんな似たようなことを考えるようで、久しぶりのお出かけラッシュ!あっちを迂回しても、わざと遠回りのルートを選んでも「皆どこに行くんだ?」と、お車たくさ〜ん状態(早い話が渋滞)でして、寄り道含めてですが4時間近くドライブするはめに・・・

途中『かわい寿司』の看板を見つけ「お寿司もいいよね〜」とか言いつつも、工事現場のおいちゃんに急かされて駐車場に入るタイミングを逸してしまい、引き返すこともできず。。。
そんな訳で奥多摩町に到着した頃合いには、お腹が「お食事タイムですよ〜」と鳴きわめいた次第。

ここアースガーデンは『お肉カフェ オーガニック アースガーデン』と名を変え、昨年10月メニューも新たにリニューアルオープンしました!
大多摩ウォーキングトレイルをハイキングコースに選ぶ方なら一度は訪れる、と言っても過言ではない、白丸湖を眺められる多摩川の上流に位置するカフェレストラン。食リポTV番組を始め、奥多摩でメディアの注目率は群を抜きます。店主ご自慢の「黒豚」を使ったメニュー、一日に出せる量に限りはありますが、一度は味わってもらいたい一品です。

「水で描く」原島玲子さて、肝心の原島氏の絵画展、「おくてん」での開催もこのアースガーデンのギャラリーではすっかり定着(!?)したのじゃないでしょうか。
『水で描く』というコンセプト・スタイルは変わらずですが、今年は「落ち着き」と言ったらいいのか、透き通るような透明感より、そのまま風景になじむような印象がより濃くなったという感じかな。

「水で描く」原島玲子ただ今年は三輪氏の陶芸展が併催ではなかったせいか、デーブル上にあるもう一つの景色が見られなかったので正直すこし寂しかった(^_^;。(三輪氏の展示は今年、奥多摩湖畔のギャラリーやませみで開催中です)

と、ここまで書いていてふと思った。実は店内にもいくつか配置をかえて原島氏の作品が飾られているのだが、どちらかというとそちらの方がそのままインテリアとして、絵画というよりオブジェとして馴染んでいたのではないかな(!?)。できることなら、ゆっくりと食事を楽しみながら、または食後に店内に飾られた作品をゆっくりと眺めていただけたらいいと思うのであります。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:
◆水で描く[水彩画]
会場:お肉カフェ オーガニック アースガーデン[奥多摩町白丸361-1]TEL:0428-85-5101
開催日:9月1日〜30日
最寄駅等:JR白丸駅より徒歩7分
開場時間:11:00〜16:00
駐車場:あり
WEB:原島玲子「水彩画の花たち」/ お肉カフェ オーガニック アースガーデン
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:

※過去分について「掲載したい」気持ちはまだありますが…
※実際の投稿は都合により表示の「投稿日時」より遅れていることが多々ありますが、何卒ご容赦ください(今後とも_(._.)_)。

| OKUTENイベント | 22:46 | comments(0) | - | - |

おくてん初参加『佐久間加奈展』

「おくてん」では珍しい、ポップな画風で初出展です!

『佐久間加奈展』 (シルクスクリーン版画・イラストレーション)

佐久間加奈展こちらも、もはやおなじみの会場となった「どんぐりの森づくり館」での共同開催です。作家本人も自称「猫好き」なのですが、特に猫好きの女性には、その「キャラクター」に胸をズキュンと撃ち抜かれないよう注意が必要かも。

実はこの方、知る人ぞ知る奥多摩町のイメージキャラクターとして、なんと最終選考の「一般の部38作品」として残る「わっさび〜」君を描いたヒト。ん?最優秀賞は「わさぴー」ですと むむ、結構似ているではないか・・・。

ま、それはさておき、世の「ブサカワ猫」好きにとっては垂涎の的となるであろう本展に是非、足を運んでいただきたいものである。(言っておくが、完全な私見である)

同会場で、女性に人気の高いイベントが同時開催されていることも付け加えておきます。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:
◆佐久間加奈展[シルクスクリーン版画・イラストレーション]
【同時開催】
◆牧野光代 水彩とステンドグラス作品展[水彩画・ステンドグラス]
◆h-mam  山本久代作品展[ビーズアクセサリー]
◆榎戸順子フォークアート展[トールペイント・デコパージュ]
会場:どんぐりの森づくり館[奥多摩町氷川1389]
開催日:9月1日・5日・6日・12日・13日・19日〜23日・26日・27日
開場時間:11:00〜17:00 ※9月27日は15:00閉場
駐車場:あり(湊屋前 3台)
http://sakuma-kana.tumblr.com/
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:

JUGEMテーマ:アートで地域活性化
| OKUTENイベント | 22:20 | comments(0) | - | - |

おくてん初参加『若林繁裕展』

今年で第7回となる『奥多摩アートフェスティバル』(通称:おくてん)ですが、初のお目見えとなるアーティストのイベントをご紹介しましょう。

『若林繁裕展』 (枝コラージュ)

若林繁裕展こちらは、おなじみの会場となる「ギャラリーやませみ」の企画展ではありますが、「枝コラージュ」とは、言うなれば「大自然とアートのコラボレーション」であり、「おくてん」のコンセプトにふさわしいアートなのではないでしょうか。

山林にある枯れた小枝や蔓などを画材に、通常の四角いキャンバスにとらわれないフレームの中に、その手でひとつひとつ収めていく。そんな創作作業から生まれ出てくるアートは、二次元とも三次元とも決めつけがたいのだが、自然の素材が放つ不思議な躍動感がそこに静けさとともに存在しています。

若林氏ですが、実は作家として一昨年の「おくてん2013」において、奥多摩町の中学校生徒を対象としたワークショップを行っていただいた方です。もし当時の生徒作品のご記憶がありましたら、「師」の作品と見比べてみるのも一興かと思います。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:
◆若林繁裕展[枝コラージュ]
会場:山のふるさと村レストラン ギャラリーやませみ[奥多摩町川野1740] 0428-86-2552
開催日:木〜月(火曜・水曜定休)※22日・23日は営業(24日・25日は振替休業)
開場時間:9:00〜16:30
駐車場:あり(山のふるさと村)
山のふるさと村にて宿泊・体験・食事をされる方は無料送迎バス利用可(要予約:TEL 0428-86-2324)※基本4名以上(3名以下でも可能な場合あり)
◎8月・11月は火曜日のみ定休
http://www.yamafuruyamasemi.info/
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・+:

JUGEMテーマ:アートで地域活性化
| OKUTENイベント | 22:21 | comments(0) | - | - |

Rainbow House 奥多摩

皆様「ピラティス」ってご存知でしたか?
そう言えば、エクササイズ メソッドという言葉をよく耳にするようになりました。健康のためのヨガとかエアロビクス、水泳教室、ブートキャンプといったものをイメージすればいいのかな。
これらを総称して「エクササイズ」、それぞれのプログラムというかトレーニング法を「メソッド」と呼べばいいのですよね?(恥ずかしながら、私は特にそうったものをきちんと勉強したことがないのでこのくらいの認識度です。)

ピラティスで、今回「ピラティス」なるものを初めて知りました。学問するエクササイズというのかな、人間のカラダというのはどういう仕組みになっているのかとか、人 のもつ身体能力というのはどんなふうに高められるのか、とか。それらを自身の体、時には器具(マシン)を併用して実践していくものらしい。そして人の精神 とどう関わっているのかとか、極めていけばいくほど奥深く、もはや「哲学」ではないかと思えてきます。(が、ひょっとして間違った認識かも知れない・・・)

なので是非今回お邪魔して、この目でその片鱗でも感じてみようと計画中です。

ピラティスなんと「おくてん」会期中の毎週土曜日は予約なしでピラティスが体験できるそうです。奥多摩町の中でもかなり天空に近い「日原」で、山々の澄んだ空気をカラダ一杯に染み渡らせ、ハイキングや登山とはまた違う自然との一体感を楽しんでいただけるのではないでしょうか。

◆ピラティス体験ワークショップ
指導:小関陸史
会場:Rainbow House 奥多摩[奥多摩町日原820]rikuozeki@gmail.com
開催日:土(開催日以外は要メール連絡)
開場時間:10:00〜17:00
最寄駅等:東日原バス停(徒歩3分)
備考:駐車場は旧日原小学校校庭を利用


余談ですが、「OKUTENイベント」のカテゴリーを追加しました。さずがにこの「ピラティス体験」イベントを「アート・クラフト」として紹介するのはどうかと。(『食』のほうはどうなんだ?というツッコミにはまたの機会に)
私の中で「アート」は基本的に「個々の主張」を五感に訴えるもの、という定義があります。一方「クラフト」とは素材に人の手が加わることで初めて姿を現すもの、言わば「ものづくり」であると。
掘り下げていくと私の主観論とか倫理観とか色々関わってくるのでここでは省略しますが、「ピラティス」体験イベントは、作家による「作品」、つまり「アート・クラフト」と一括りにするには抵抗があったという勝手な解釈によるものです。

かといって「おくてん」はアートが中心であっても、アートの定義にこだわらない「お祭り」でいいのじゃないかと思うようになりました。(だからもっと『食』を増やせ〜

奥多摩は大自然だけではない、多くのアーティストにも愛される場所。アートはそこに暮らす人々と訪れる人々との、心の架け橋だ。

そしてこれを象徴するのが『奥多摩アートフェスティバル「おくてん」』、と言われるようになったら嬉しいですなぁ。
| OKUTENイベント | 18:20 | comments(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM